>

お風呂掃除のコツ

バスタブの掃除方法

バスタブはお湯を張りますね。
皮脂などの汚れは、お湯に浮いて、バスタブに付着するので、お湯が入っていた際のところは、酸性の汚れが付いています。
しかし、そのすぐ上には水垢などのアルカリ性の汚れが付いているため、もし、頑固な汚れが残っている場合には、その反対の洗剤でお掃除することをお勧めします。
でも、普段はそのように二つの洗剤を使うのは大変なので、次のような方法でお掃除すると楽だそうです。
まず、バスタブを掃除するときには、シャワーなどで一回お湯をかけて、汚れを柔らかくします。
そして、お風呂用の中性洗剤をスポンジを使ってごしごし軽くこすり洗いをしてみてください。
お湯をかけると、汚れが浮きやすくなるので、少ない力でも汚れが落としやすいそうです。

重曹

毎日のお風呂に入浴剤を入れて、気持ちよくお風呂に入っておられる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、入浴剤の代わりに「重曹」をお風呂に入れる方法について、調べてみました。

お風呂の浴槽の中で出る汚れは、皮脂汚れですね。皮脂汚れは、酸性なので、アルカリ性の重曹を入れると、それだけで中和となり、簡単に汚れが落ちるのだそうです。

アルカリ性のお湯に全身で浸かっても大丈夫なのか?と思われるかもしれませんが、温泉はアルカリ性のところが多いそうで、それは大丈夫だそうです。

だいたい、一つまみ程の重曹をお風呂に入れると立派な入浴剤兼お風呂掃除も楽になる魔法の粉になるそうです。

もし、重曹を入れてお風呂に入るのに抵抗がある方は、お風呂から上がったあとに、重曹を一つまみ入れてみてください。


この記事をシェアする