>

毎日のお風呂掃除法

お風呂掃除の手順

まず、排水溝にたまっている髪の毛などをゴミ箱に捨てます。
手で取るのが気持ち悪い方は、台所用の排水口ネットなどをかぶせておいても良いかもしれませんね。
そうすると、手を汚さずに、さっとごみを捨てることが出来ます。

その後、全体をお湯でシャワーして、汚れを緩めます。

壁と扉の内側にも、石鹸カスや皮脂汚れが飛び散っているので、時間があるときには、壁や扉の内側も洗いましょう。
放っておくと、ぬるぬるとしてしまうことがありますね。

その後、浴槽を洗います。
お湯を張っていたところの周りに中性洗剤をぐるぐるっとかけて、少し時間を置き、スポンジで円を描くように洗っていきます。

四隅をし忘れて、汚れが残っている場合があるので、隅まで、汚れを落とします。

お風呂掃除の手順(後半)

そして、今度は、鏡を洗います。上から下など、同じ方向に洗うと良いそうです。

次に、蛇口やシャワー、ホース、フックの部分を洗います。
シャワーヘッドはいつも手で持って使うのに、なかなか洗うことがないため、汚れていることが多いそうです。

そして、床を洗います。四つの隅から、排水口の方向へあらうと泡切れが良いようです。

そして、排水口を洗いますが、排水口は汚れがひどい場合は、排水口用のぬめり取りなどの洗剤をお使いになることをお勧めします。

そして、シャワーで泡を洗い流します。

毎日のお風呂掃除はこの位で良いのではないでしょうか?
あと、まとまった時間があるときに、重点的に汚れたところをキレイにしていけばよいと思います。


この記事をシェアする